読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第2回 東京SoftLayer勉強会に参加してきました

勉強会メモ SoftLayer

第2回 東京SoftLayer勉強会に参加してきました

第2回 東京SoftLayer勉強会に参加してきました。前回は5月だったので、2ヵ月ぶりの開催ですね。

前回の勉強会メモと同様に、今回も勉強会メモをまとめてみました。

サムライスタートアップアイランドご紹介

はじめに勉強会の会場であるサムライスタートアップアイランドの紹介がありました。

2011年11月1日にオープンしたサムライスタートアップアイランド(SSI=Samurai Startup Island)は、スタートアップ企業とその支援者が集まる場所を提供しているとのことです。
(SSIの紹介ページからの受け売りです……)
会計士さんも常駐しており、スタートアップ企業におけるファイナンス関係のお悩みごともフォローできますとのことです。

現在50社ほど入居しており、コワーキングスペースとしても活用されています。羽田空港が近いことから、外国からの訪問者への対応も考えられており、海外展開を考える企業にもオススメのようです。

SoftLayerのストレージと使い分けについて

発表者は日本IBMの新島さん。SoftLayerのビギナーズガイドを書いておられるとのことです。

SoftLayerはサーバに組み込まれたストレージだけでも複数種類あり、ストレージの観点から利用可能なサービスの一望と目的別の使い分け方の解説という内容での発表でした。

SoftLayerのストレージ

  • BM(Mare Metal Server)とVS(Virtual Server)で構成が異なる
  • BMのディスク

    • SATA,SAS,SSDから選んで指定できる
    • BMのモデルによって搭載できるディスクの台数が異なる
    • 生のディスク(物理的なディスク)なので、必ずミラーリングRAID構成にすること
      • BMのディスクは本当のサーバー(手元に物理サーバを構築する場合)と同じに考えた方がよい
  • VSのディスク

    • ローカルドライブとSAN storageのを選んで指定できる
    • ローカルドライブは2台で400Gまで

    • SAN storage(iSCSI)は以下の構成から選択できる

      • 5台まで、25,100Gまで、2台以降は100-2000GBまで)の2つ
    • 仮装サーバのローカルドライブ→故障すると少し時間かかる

      • (SoftLayerの中の人が故障ドライブをせっせと交換する)
    • SANストレージの場合はバックアップ構成がくめる
      • ただしネットワークも障害点となる可能性が出てくる
  • portable diskとしての利用

    • virtual serverの2nd diskを切り離し、portable diskとして利用できる
    • 切り離したportable diskは、別のvirtual serverに取り付けることもできる

SoftLayerで利用できるストレージ

  • NAS,iSCSI,オブジェクトストレージが利用できる
  • NAS
    • CIFS,FTPでアクセス可能
    • プライベートLANに接続されている
      • (SoftLayerのサーバルーム写真における、青色のケーブルですね)
    • 現時点では未対応のため、NFSは利用できない
  • iSCSI
    • iSCSIもプライベートLANに接続されている
    • スナップショットが取得可能
    • データセンター間でレプリケーション可能
  • オブジェクトストレージ
    • OpenStackのswift互換
    • ポータルやREST APIからアクセスできる
    • CloudFuseでインスタンスにmountして使うこともできる
    • CDNを使ってファイルを配信することもできる
  • eVault(イーボルト)というバックアップツールがある

iSCSIのスナップショット

  • 30分毎にレプリケーションが実行される
  • 切り戻しは時間がかかる
  • レプリカのカスケードはできないので、マスター復帰時には必ず切り戻しが行われる
    • 切り戻しは時間がかかる!とのこと

各ストレージの使い分け

  • サーバのストレージとして

    • 大容量ならBMでSATA Drive
    • 高速IOならBMでSSDSAS Drive
    • サーバ生涯時の切り替えならVSでSAN Drive
    • 少用量で安さならVSでlocal drive
  • データ用、バックアップ用として

    • Snapshot使いたいならiSCSI
    • 複数サーバで共有したいなら
      • NASもしくは
      • VSかBMでファイルサーバを構成、
    • archive用ならobject storage

その他

  • 近日中にiSCSIの弱点を克服したソリューションが出てくるかも?

Why Riak & Why SoftLayer?

発表者はBashoジャパンの上西さん。Riakの紹介とSoftLayer上でRiakを動かすと何が嬉しいかについての発表でした。

スライドはWhy Riak? Why SoftLayer?にて公開されています。

スライドが公開されているので、自分のメモは不要かとも思ったのですが、前回のSoftLayer勉強会でのRiakのLTはただ聞くだけになっていたので、今一度自分なりにRiakについてがーっとまとめてみました。

Riakについて

  • システムの運用において可用性は大事
  • しかし、可用性に対する脅威は数多く存在する
    • ハードウェア故障
    • ネットワーク故障
      • スプリットブレインシンドロームによるデータ破壊
    • ソフトウェアのアップデートやメンテナンス
    • システムの過負荷

Riak

  • RiakはErlangで記述されたNoSQLデータベース
  • QuorumレプリケーションによりN個のノードにデータを複製することでノードがひとりくらい壊れていてもデータの書き込みが可能
  • 各ノードが管理するパーティションConsistent Hashingと呼ばれる160bitのキー空間を等分したリング状のハッシュテーブルになっている
    • レプリカはN個(=3)のノードにコピーされる

ノードが一時故障した場合

  • リング上の次のパーティションに書き込むことで、レプリカがN個ある状態を担保しておく
  • 一時故障ノードが復旧した時にレプリカを返す

ネットワーク故障の場合

  • Riakでは分断された各ノードでの書き込みを許容する
  • 復旧したら書き戻す
  • そのため、復旧時にデータの不整合(暗黙的な上書き)が発生する場合がある
    • 以下の手法で不整合を回避する
    • 不整合のパターンはいくつか存在する
      • write-write conflick →比較的対応しやすい
      • write-delete conflick →少しややこしい対応手順になる

Riakのバックアップ機能

なぜクラウドでRiakか

  • DBなどのミドルウェアが優れていてもHWがこけたら意味がない
  • なので、SoftlayerのBM上でRiakを使えると嬉しい
  • なぜBMか?VSではダメなのか?
    • 分散システムで大事なことは「故障の単位」
    • VSが動いているBMがこけると、Riakからは多重故障にみえてしまう
      • するとRiakの分散ノードがまるごと落ちるという事態が発生する
      • そのため、RiakはBMでの運用を推奨している

その他

参考リンク

QuantaStor概説/QuantaStor使ってみた

発表者はアファーム・ビジネスパートナーズ株式会社の西脇さんと日本情報通信の常田さん。

QuantaStoreアーキテクチャユースケース、使ってみた感想についての発表でした。

  • OSNEXUSについて

  • QuantaStor

    • QuantaStorはSAN(iSCSI/FC)とNAS(NFS)を兼ね備えたストレージアプライアンス
    • 64bit Intel/AMDの汎用サーバで稼働するUbuntu Server(Linux)上にインストールし、ソフトウェアベースのストレージとして利用する
    • QuantaStorはBMのみで利用可能
      • また、RAID構成を組む必要があるため、ディスクは4本以上必要
      • (SoftLayerのBMのドライブ数は2,4,6,12,24,36から選択できる)
  • 来月のSoftwareDedisnからSoftLayerの記事が連載されるとのこと

参考リンク

Object Storageを使ってみた

発表者は日本IBM高良さんSoftLayer探検隊の隊長さんとのことです。

Raspberry PiとSoftLayerのObjectStorageの連携に関する発表でした。

発表スライドは第二回SoftLayerユーザ会 ラズベリーパイとオブジェクトストレージを繋いでみたにて公開されています。詳細な手順はSoftLayer探検隊 第16回 Raspberry Pi で撮影した画像をSoftLayerのオブジェクト・ストレージに保存するにて公開されています。

発表の中で「組み込み機器とクラウドがつながる時代になった」という説明が印象的でした。最近IoT(Internet of Things:モノのインターネット)という言葉(バズワード?)をよく聞きますが、Raspberry PiとSoftLayerの組み合わせによる具体的な事例を見るのは初めてだったので、とても感銘をうけました。

SoftLayerでDockerを使ってみた

発表者はCUPA(一般社団法人クラウド利用促進機構)荒井さん

Dockerを利用したシステムポータビリティとDR(Disaster Recovery)対応について、SoftLayerを使用しての解説でした。

Dockerは個人的に試してみたいと常々思っていたので、SoftLayerの話は一旦どっかに置いておき(Dockerだけに)、別途ブログ記事を分けてみました。

まとめ

第2回東京SoftLayer勉強会に参加してみました。何となくSoftLayerがどんなものが見えてきた気がします。とはいえ、実はまだSoftLayerを使ってみたことが無いので、そろそろ触ってみようかなと思います。