読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「第4回 エンジニアのためのプレゼン技術研究会」の参加メモ

勉強会メモ プリパラ ご注文はうさぎですか?

第4回 エンジニアのためのプレゼン技術研究会「みんなの自由研究発表」と「前佛さんのスライドの作り方」に参加してきました。

プレゼン用の図を自動生成する話

今回のテーマは「みんなの自由研究発表」で、各人の自由研究の成果を持ち時間5分で発表するというものでした。自分も「プレゼン用の図を自動生成する話」というタイトルで発表を行いました。

Webブラウザ上で動作するmermaidAPI.jsというJavaScriptライブラリがあり、これを利用して簡単なテキストから動的に図を生成する、というネタでの発表内容でした。

サンプルプログラムは以下のURLから試してみることができます。

mermaidAPI.jsのサンプルプログラム使用手順

発表時間が5分ということもあり、当日の発表ではデモを行えなかったので、上記のサンプルプログラムを使用した簡単な作業フローを紹介します。

まずはサンプルプログラムでmermaidの記法に沿ったテキストを入力し、図を作成します。図は自動で生成(レンダリング)されます。

例として、アニメ「プリパラ」の人物相関図を作成してみます。以下のような感じですね。

f:id:furandon_pig:20151012174646p:plain

mermaidAPI.jsはSVGを生成するので、Inkscape等のSVGが編集可能なツールで図の修正や微調整が行えます。ただし、mermaidAPI.jsが生成するSVGは、テキスト表示用に独自のSVGタグを使っていたりするので、そのままではInkscapeで表示できないものがあります。上記サンプルプログラムではInkscapeで表示できるよう、生成されたSVGを一部修正しています。

f:id:furandon_pig:20151012174715p:plain

Inkscapeで表示すると以下のような感じになります。図中の矢印は直線で構成されていますが、パスの中間点を削除すると滑らかな曲線になるので、ここは手動で中間点を削除します。他にもパスの端点を矢印の形に変更したりしています。

f:id:furandon_pig:20151012234535p:plain

あとはEPS形式で保存するだけなのですが、その前に画像サイズを調整します。[ファイル]-[ドキュメントのプロパティ(D)...]を選択し、「ページ」タブの中にある「ページサイズを描画全体または選択オブジェクトに合わせる(R)」ボタンをクリックします。

f:id:furandon_pig:20151012235420p:plain

ESPで保存した画像は、KeynotePowerPointなどに挿入して利用します。Keynoteの場合は、メニューから[挿入]-[選択...]でEPSファイルを挿入できます。

f:id:furandon_pig:20151012174725p:plain

まとめ

第4回 エンジニアのためのプレゼン技術研究会で発表した内容の補足説明をまとめてみました。プレゼン技術に関するノウハウはスライドの作り方・構成方法、発表時のハマり所等、以外と範囲が広いです。今後もプレゼン技術研究会でノウハウを集めてゆければと思います。